教育ローン低金利はどうやって選ぶ?金利だけ見て選んでもダメな訳は?

ページ

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から支払が始まります。

利息は借りた日の翌日から発生しますが埼玉りそな銀行などは在学中は利息のみでOKとしています。

返済期間についても医療系の就学費用などで最長20年というものがあります。

しかし、返済期間が長引けば長引くほど返済金額は増加していきますので注意が必要です。

教育ローンと言っても借金であることは間違いないので返済シミュレーションを行い、事前に返済プランを確認しましょう。

教育ローンでいくらまで借りられるか?という疑問を抱いている方はいませんか?いくらまで借りられるかは各種融資機関によって融資額は異なります。

教育一般貸付(国の教育ローン)は最大限度額が350万円です。

民間の銀行の場合は300万円から1000万円程度が一般的です。

就学先が医療系の学部であれば、最大で3000万円までローンを組んでくれる銀行もあります。

参考:教育ローン審査甘い?基準通らない理由!【低金利おすすめは?】

一方、ノンバンクの中には学校提携教育ローンというものを用意していることがあり、提携校によって融資額が変わります。

教育ローンの金利を説明します。

教育ローンの金利は融資機関によってひじょうに差があります。

低金利なところでは1%台からありますが、高いところでは10%近いものもあります。

銀行の場合、口座を作ることで金利が低い優遇金利を受けられることもあります。

金利の計算方法にも2種類あり固定金利と変動金利の2種類に分かれます。

現在は低金利の時代なので固定金利の方がリスクが少ないでしょう。

教育ローンの申し込み方法を紹介します。

申し込み方法には郵送やインターネットなどがあります。

郵送の場合は電話などで借入申込書を請求して書類が届き次第必要事項を記入し、返送してください。

インターネット申し込みを利用する場合は事前診断コーナーが設けられていますのでまずはそれを利用して借り入れ可能か診断しましょう。

仮審査の申し込みもWebで行えますしとても便利ですよね。

仮審査を申し込む手続きが終わりましたら受付けしましたというメールが届くはずですので必ず確認してください。

埼玉りそなの教育ローンを知っていますか?埼玉りそなの教育ローンは「りそな教育ローン」という名前です。

変動金利なので年に2回金利が更新されます。

2017年12月25日現在(変動金利)の金利は2.20%ですが住宅ローンご利用者プランが適用されると1.80%まで割引金利が適用されます。

最大500万円まで借入可能で返済期間は1年単位で最長14年まで可能です。

在学中は元金据置期間の設定ができたり、すでに入学金を払ってしまった後でも3ヶ月以内なら借入れ可能などのメリットがたくさんあります。

ろうきんは労働組合や生協などが会員となり出資を行い相互扶助を目的に設立された非営利団体です。

銀行やノンバンクなどの営利目的ではありませんので金利は2から3%台となっています。

融資限度額は1000万円から2000万円と、教育ローンとしては結構高額で返済期間は15から20年と長期なのが特徴です。

ろうきんの会員以外の人でも借りることはできますがろうきんの会員であれば優遇金利が適用されるケースが多いです。

ろうきんの特色として地方の労金の場合は入学金や学費以外に仕送りや下宿代といった用途も認められている点がユニークです。

高校生にかかる学費はピンキリです。

私立高校の場合、学費だけで年間70万円以上もかかります。

学費が払えないなんてことになってしまうと最悪の場合、除籍や退学という事にもなりかねません。

高校は教育機関なのですぐに除籍になることはありませんが3か月以上滞納してしまうと、除籍もしくは退学という道を選ばざるを得ないかもしれません。

学費が払えないときの解決策となると、借金ということになりますが借入先は慎重に選ばなければいけません。

国の教育ローン(教育一般貸付)であれば低所得者の方のための教育ローンですので安心して借りることができます。

アルバイトしながら大学などを目指すという方でも収入さえあれば教育ローンで融資を受けることは可能です。

但し、ローンが組める人の条件として20歳以上の成人になっていないと借してもらうことはできません。

また、ローンを契約するには安定継続した収入が必要という条件が必須となっていることが多いので勤続年数は最低でも2年以上必要と言われています。

返済能力も審査に通る上で重要なポイントとなりますので最低でも200万円以上の収入ないと厳しいかもしれません。

いずれにせよ、借主が学生本人というのはレアケースなので奨学金のほうが融資の可能性があると思います。

教育ローンの受け取り方のひとつに全額一気に振り込まれる一括借入れ型があります。

つまりは住宅ローンのように一括で入金されるタイプの融資です。

銀行などはこの一括タイプになります。

一括借入れ型の特徴をご紹介するとローンの契約が成立すると同時に返済金額が確定となる事です。

返済計画が立てやすいというメリットがありますが追加資金が必要になった場合は新たにローンを組まなければなりません。

教育ローンと奨学金の違いをご存知ですか?教育ローンと奨学金は教育に関する借金と言う点では同じかもしれませんがそれぞれ内容は異なります。

教育ローンは借主が保護者ですが奨学金というのは学生本人に対して貸し付けられます。

借り方にも違いがあり、教育ローンは一括で振り込まれるのですが奨学金は毎月定額振込みが基本です。

利息についても違いがあり、教育ローンは借りた日の翌日から発生するのに対し、奨学金は在学中には利息が発生しないのです。

返済開始の時期は教育ローンは借りた翌月から始まりますが奨学金の返済は卒業後から開始となります。